恋愛体験映画 失恋VS笑いであなたを磨け

恋愛体験映画 失恋VS笑いであなたを磨け
恋愛パワーが欲しかったら強力コメディで笑え

コメディ映画が最近人気です。恋愛にパワーを与えてくれそうな、キュートで強力な恋愛/コメディがやってきました。ジェシカ・アルバ、ディン・クック共演の5月17日(土)より公開の『噂のアゲメンに恋をした』です。

歯科医のチャーリーに立てられてしまったのは、「寝れば次に会った人と結婚できる」という噂。ネットにも書かれ、美女が殺到する始末に。でも、みんな望んでいるのは一夜限りの関係。

そんな時、ジェシカ・アルバ演じるドジでキュートなペンギン飼育係のキャムに出会います。果たして、チャーリーは運命の人と出会うこと、そして真剣な関係を作り上げることができるのでしょうか?

日常生活にパワーを取り戻したかったら、笑うのが一番。もちろんそれは恋愛にも効くはず。恋愛パワー満載のコメディなら、『ウェンディング・クラッシャーズ』、『愛しのローズマリー』もお勧めです。


恋をする喜び、失恋の痛みの体験で、自分の地力を養う
恋の喜びと、それを失ったときの苦しみや痛みは、誰もが経験するもの。その時の思い出を深く蘇らせてくれる映画が、5月17日(土)公開の『痛いほどきみが好きなのに』です。

イーサン・ホークが自らの体験を元に書いた原作が『痛いほどきみが好きなのに』。それを自ら監督した半自伝的作品です。

気ままな生活を送っていた俳優の卵のウィリアム(マイケル・ウィバー)が、シンガーソングライター志望のサラ(カタリーナ・サンディノ・モレノ)と出会い、恋をします。

いつもいつまでも一緒にいたいと思うウィリアムと、独立を目指し恋愛をするだけの女になりたくないサラとの亀裂が徐々に広がっていく様子は、あくまでも繊細に描かれます。

ウィリアムの母を演じるローラ・リニーや父を演じるイーサン・ホークの登場が物語に味わい深さを醸し出しています。

『ハイ・フィデリティ』や『ハニーVS.ダーリン 2年目の駆け引き』も失恋の痛みを描いた秀作。失恋がもたらすことはマイナスだけではないことを教えてくれるのです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。